ゼミ旅行☆第1弾☆

2.19(月)

5時55分の地下鉄に乗るつもりが1本遅れた、、、

すみません🙏

なんて始まりで

朝7時の飛行機に乗って東京へ出発

 

これからどんなことをするのか、どーゆー感じなのかドキドキ

 

でも飛行機の中では、どこに観光しにいくか

そんな話ばっかり

インスタ映えのお店行きたいよね」

とか、、、主に私かな笑

2人は、ゼミの発表で頭がいっぱいのようだ

 

ふと思った

 

私、呑気だな

 

でも2人は、私の話にもちゃんと返事してくれる。なんて優しい友達なんだ

私も2人が緊張してそうだったから

 

2人なら大丈夫やけん🙆

 

なんて言ってみた

サポートになったのかは、わからない

 

東京到着

 

やはり、インスタのストーリーの更新は欠かせない

 

なんてしてる場合じゃない

急がなければ

 

地下鉄どこ

 

始めてナビタイムというアプリを使ってみたり

 

乗り換えに乗り換えを重ねた

満員電車は、あまり経験したことなかった

あんなに大変なのかとびっくり

恐るべし通勤ラッシュ

 

なんてこともあちながら六本木1丁目の駅に到着

 

DMMに早速出発

 

最初の驚きは、駅とビルが繋がってるということ

 

入室許可書をもらいゲートをくぐりエレベーターに乗って上に上がった

 

入り口すぐ緑が広がっていた

 

先生の授業でDMMの本社のことは少し聞いていたが実際に見るとすごい

本当に室内なのかって思うぐらい

 

奥に広がる暗闇

 

案内され行ってみると、花で描かれた動物がたくさんいた

しかも歩いてる

なんて空間。道というのかは、分からないが、私たちが通る道には実際に草が生えている 

その暗闇には、所々線が見える

会議室の扉らしい

いやいやこんなとこに、あるわけ、、、

案内され入ると本当に扉があって広い会議室が表れた

大きな窓に囲まれ奥に見える東京タワー

「ほんとに東京やん笑」

なんて思ったりもした

 

会議室までは、動物が案内してくれる

すごい

すごすぎる

  

動物に実際触れると、動く

私は、触ってみたくて仕方なかった

触っていいと許可が出たので少し触ってみた

ただの壁なのに反応するなんて信じられない

恐るべしプロジェクションマッピング

 

そのまま真っ直ぐ進むと、大きな部屋に到着

机がたくさん並んでいて、ドリンクを作るスペースと階段になった椅子

そこにおいてある人形とクッション

なんだろこの空間は

よくテレビで見る雰囲気

好きなところで好きなように仕事が出来る

そういう空間のように思えた

 

席に座り、社員さんの話が始まった

 

印象に残ったこと

・DMMは、枠組みがないためなんでもチャレンジしてみる

・企業の安定がDMMの目標ではなく、そこからどれだけ広げられるかということ、つまり、新事業の開発が目標だということ

・DMMの事業の幅広さ

・何かやりたくてしょうがない人が求められるということ

・DMMの会社ごとに内部の作りが違うということ(私的に金沢のDMMは、カラフルで明るくて好きだった)

 

話を聞いて

今私たちがやっている、ゼミ活動(インタビューや観察)は、社会の基礎を学んでいる。今は、方法とかそこから得ることが分からなくてもその経験を生かしていくことで分かってくるから、とにかく何度も挑戦する

繰り返し挑戦することで、学んでいる段階から気づける人になることが大事

「分からないからとりあえずやってみる」ではなく「わからないから理解して分かってから進んでいく」べき。

インタビュー一つで分からないことがあって

「どーしたらいいですか?」

って質問するんじゃなくて

「自分は、こーゆー風に思うんですが、、、」

と自分の考えを述べた上で質問すること。

 

課外活動は、とりあえず好きなことをする

そしたら、自分に足りない部分が分かってくるし、そこを成長させたいという好奇心がうまれいい方向へと進む

なるべく実践に近いことをしたほうが役立つと思った。

しかし、社会に出たら好きなことだけでは生活できないと気づくはず

そこで好きなことを続けるかやめるかそこが大きな分かれ道になると思った。そこで自分の意思をしっかり持っておくこと、周りに流されないことが大事。

 

何かする上で一定のゴールを決めることが必要となりそのゴールは、"欲"からうまれるものでOK

例をあげれば

車でデートに行きたいから車が欲しい

など

周りを見渡したとき、自分にしかできないことがあるはずだから、それを見つけたいって思ったし、大きな目標に向かって細かいステップを考えたい

 

インターンは、長期でやったほうがいいと教えてもらった。前1dayインターンシップに行ったときは、就職の基礎を学べた気がしていたが、まだまだだと思った。

実際に何週間か体験して実際にその会社が詳しく見えてくるはず

数をこなしたいと思った。

 

資格は、加点材料となる。もし自分と同じような人間がいたとしたら、

就職する際、資格で判断されるかもしれないと言われた

 資格、、、取得しよう

 

何事も経験が大事で

それをどう活用するかという意識が大事で個性が評価ポイントとなる

 

ふと思った

私がやってるアルバイトは、接客業であり人と対話する時間が長い

インタビューまでは、なくても

今日は、何か見られてきたんですか?

とか、質問している

アルバイトの経験が生かせる!!

 

経験を無駄にしないようにしよう

 

DMMで働く人を少し見たとき、ある女性二人組が楽しそうに見えた

お互いになにかを見せ合っていた

 

私もやりがいが得られる仕事に就きたい

 

こーやって実際に会社に行かないと分からないことがたくさんあると学べた