難題への挑戦

 

今日は、前回同様仕分けから始めた

 

〜前回の内容〜

 

夏休みの観察の報告結果を仕分け

 

①親がいることによって子供が成長パターン

②親がいることによって子供がマイナスになるパターン

③おじいちゃんの存在価値

④コミュニケーションをとることによって起こるプラスの価値とマイナスの価値

 

この4つに分類

 

〜今回の内容〜

前回分けたパターンを

"工作が好きになる工作教室"

という課題に当てはめて考えた

 

しかし、難しい。止まってしまった

 

なぜか方向性が違う

 

どーしても分類できない

ということで、、、

 

森田先生がアドバイスをくれた( ´ ▽ ` )

 

このように私なりにまとめてみた

f:id:haruerin:20171013235636j:image

 

正解は、わからないが

何かヒントになればいいと思いまとめた

 

 

これから、どんな道に進んでいくのか楽しみだ

 

 

 

 

 

 

 

2017/10/06

 

社長さんが来るということで少し緊張していた

 

授業が始まった

 

3人組を作り、目の前にある紙を分類していく

という作業だった

 

他の2人は、着々と進めていっている

 

焦る

 

どーやって分けてるのかと質問した

 

そしたら、

似たようなやつを分けている

と言われた

 

私は、出来事の主役で分類した

しかし、途中から違うと思い、解体。

この時は、まだ状況しか読んでなかった

 

1から考え直し出来事と状況と価値全てを見る必要があると思い見直した

 

すると、マイナスの価値とプラスの価値があるとグループ内で気づいた

 

とりあえずプラスとマイナスを分類した

 

プラスの価値でも

①親によってプラスになること

②自分自身の行動によってプラスになること

があった

 

グループの1人から言われて、なるほどと思った

 

私は、観察の時

親が手伝うことによって子供が何もしなくなるとマイナスのほうばかり考えていた

しかし、よく考えるとプラスにもなるとわかって考えが変わった

 

ある1人の男の子の話題になった

それは、観察の時にいた子だ

その子は、作業はスタッフに任せ

完成間際に自分で作業をしだした子だった

 

 

みんなの観察の出来事を見ていると面白いものがたくさんあった

 

この分析に正解は、ない

しかし、新たな発見がある

その新たな発見で自分自身が成長できるし、これからの観察の役にもたつと思う

どんどん新しい道を切り開いていきたい 

 

 

 

ゼミスタート

 

09.15

ゼミが本格的に始まった

 

教室を覗くと、ほとんどの人が集まってた

出遅れた感があったけど友達が一緒だったから良かった

座る場所も決まり周りを見渡すと全然話したことない子がいた

 

まだ話したことないからわからないが個性が強いメンバーだと思った

 

まって。私は、個性がない、、、

そう思った

 

自己紹介でもバカっぽいこと言ってしまって後悔した、、、

もう1回ここで言い直そう

 

"バイトもしながら旅行に行ったり、友達と遊んだり充実した夏休みだった

車校にも行きだした。

特に、韓国とハウステンボスは、思い出深い。

その分たくさんお金は、使いましたが、、、

今月からまたバイトの日々!頑張ります"

 

みんなのはなしをきいてて、

インターンに励んだ人

バイトでバリバリ稼いだ人

がいた

 

すごい😲👏

インターンの存在をあまり知らなかったから春休み挑戦したい

 

これからのゼミの活動として五つのポイントを言われた

 

それを意識して

頑張ろうと思った

 

30分観察

今更なのですが、、、

本当に遅くなってしまいすみません!

 

今回は、30分間、自分のバイト先で20代後半の女性2人組を観察しました

 

f:id:haruerin:20170807113150j:image

 

来た時から個性が強く観察していて、

とても面白かったです😊

 

ですが、私も他のことをしながらだったので全部を見ることは、できませんでした

 

子供を観察するときは、子供の行動を詳しく見ていきたいと思ってます

 

ブログの期限は、必ず守ります

遅くなってすみません🙇‍♀️

準備!

 

 

今日は、友達と教室に向かった

 

教室の前に着くと、必ずみんながいて

先生がいるか戸惑いながらドアをノックする

 

今回のテーマは、

「夏休みの観察の事前準備を考えよう」

 

難しすぎる

急に言われてもな、、、

私は、とりあえず"紙とボールペン"を書いた

 

なにも思いつかない

 

事前に必要なことか

とりあえず、先生の部屋にある本にヒントないかな。

なんて思い、本を見渡したがヒントは、なかった

 

この前の講義を思い出した

観光客を観察に行ったとき、

事前に"仮説を立てること"を教わったのを思い出した。

あとは、"体調管理"

 

3つ思いついた

 

そして発表

私が考えてなかったことがたくさん出ていた

 

f:id:haruerin:20170711132322j:image

 

私たちのグループは、

子供の緊急事態に備えティッシュやハンカチ、絆創膏が必要だという意見がでた

それ、すごく大切だと思った

 

自己紹介も必要だ

知らない人たちが急に立って、自分たちのことを見ている

なんて思う子供もいると思う。

 

子供と関わるのが好きだから、きっと助けを求められたら手伝ってしまう

私は、森田先生に「そんなとき手伝っていいのか」と聞いた

「そこは、難しいところ」と言われた

子供の行動、状況が変わってしまうかもしれないからだ

これは、観察までに解決したい

 

子供の顔を見ることが大切と言ったら褒められた。たしかにと言われた

嬉しかった。

 

観察をするための事前準備ってこんなにあるんだって思った

他のグループの案も見たい

そして、観察までに完璧にしたい

 

観光客を観察した時よりも時間がある

だから、浅野先生に教わった"パターン化"に近づきたい

 

次は、なんのテーマなのか楽しみだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観察

 

06.30

浅野先生の話から私たちが考えたことなかったこと、知らなかったことをたくさん聞けた。

 

正直、知らない単語がたくさんで難しかったが私たちの身近なもの(Googleなど)を例に出してもらえたのでわかりやすかった

 

体験と経験は、違う

体験したことをエピソード化したことが経験だと知った。

 

07.01

観光客を観察するということで天神の神社や、免税店に行った。人が多いと思ったから

だが、午前中だったせいかいなかった

家の近くのほうがたくさんいたかもしれないと思った

 

私達は、韓国の観光客に話を聞いた

「日本に来て困ってることは、何か」と。

みんな口を揃えて、言葉が通じないことといった

だからそれをどう解決するかと聞いたら、英語かジェスチャーと言われた

予想通りだった

 

そーやって観察を続けて行った

 

学校に戻り改めてまとめてみると

調査内容が違うことに気づいた

外国の観光客が日本人と同じような行動するところを観察するべきだったと。

パターン・ランゲージ・シートが全く進まない

やっと出来たのがこれだ

f:id:haruerin:20170702222606j:image

 

サービスデザインの提案の話し合いをした

私は、バスを開発する方向へと進んでしまっていたが先生にヒントをもらい、それは、違うと気づいた

 

私は、今回目の前にあることが事実じゃないとわかった。

起きたことに対して根本的に考えること。仮説を立て、調査し、概念化し、検証することが大事だとわかった。

社会に出たときお願いされたことの先を見れる人になりたいと思った。

 

 

観察の練習

 

今回は、絆創膏の新しいデザインを考えた

最初に思ったのは、"絆創膏"ってこーやって書くんだってこと

 

絆創膏について、新しいアイデアを出してって言われた時は、あまり思いつかなくて悔しかった

みんなのアイデアを聞いて、私もこれからたくさん出したいって思った。中でも多かったのは匂いはが気になるから消臭効果が必要だという意見と美容効果

確かにとおもった。

 

普段の行動の面からも考えてみると、不便な事が多かった

貼るまでの行程が多くなぜ、2つ繋がって箱の中に入ってるのかという疑問はあった

 

私は、観察の行程が7個かけた

先生は、7個から8個かけたらいいって言ってた

「私書けた!やった!」って思った

 

観察してると片手で作業するって大変そうだなと思った

普段片手が全く使えなくなることなんてないからわからなかった。けど両手が使えるっていいなって思ったし、怪我したくないなって思った瞬間だった

 

月曜の5限のメンバーと顔合わせ以来で緊張してたけどみんな優しくてよかった

特に、デザインを描いてくれてた子は、どんどんアイデア出しててすごかった

 

来週は、何をするのか楽しみです